発達障がいなのかどうか知りたい

「あの・・・、うちの子は発達障がいでしょうか?」

このような率直な質問をよく受けます。
わが子に障がいがあるのか。

不安でいっぱいで、聞きたいような、聞きたくないような。
でも、白か黒か、知りたい。
ものすごい覚悟の上での一言なのだと思います。

もちろん私は医者ではないので診断をすることはできないのですが、
こんなお話があります。オレンジジュースのお話です。

ーーーーーーーー

ここにオレンジジュースが入っているコップがあるとします。
反対側には水が入ったコップがあるとします。
2つのコップの間には、オレンジジュースに少しずつ水を足していった飲み物がいくつもあると考えてください。

オレンジジュースの中の氷が溶けた程度のちょっと薄いもの。
オレンジの味がだいぶ薄くなったもの。
オレンジ風味?のうすーいもの。
もはやオレンジ味かわからないけど何かの味がするもの。

オレンジジュース=発達障がい
水=健常

と考えると、どこまでがオレンジジュースと言えるでしょう?
どこからが水だと思いますか?

ーーーーーーーー

このように、発達障がいという障がいがあるのかないのか、白か黒かではなくて、
その特徴がない人、薄くある人、濃い人というようにグラデーションのように連続しているんです。

ある特性があまりに強すぎることによって
その人が置かれた環境で生活していくのに困難が大きすぎる場合には、
「発達障がい」と診断して適切な理解やサポートを受けやすくしていこうということなんです。

本人に”障がい”があるのではなくて、あるのは”特性”です。
特性があってもそれで困っていなければ診断をつける必要はありません。

発達障がいと診断のつく人は100人に3~4人はいると言われています。
オレンジジュースだとわかる人が、です。
「私もオレンジ風味かも?」って人なんて、それはもうたーーーーっくさんいます。

何をかくそう、わたし自身にも発達障がいの”特性”があります。

買い物に行っては買ったものを忘れて帰ってきますし、周りで楽しそうな声が聞こえると集中できずにあちこち気が散ってしまうこともしょっちゅうあります。

それでも、それぞれ自分の特性で困らないように工夫して生きていければよいのです。

だから、我が子が発達障がいなのかどうか、白か黒かに毎日気を揉んで、神経をすり減らすのはやめましょう。

大切なのは、その子にどんな特性があるのかを知ること。
そして、その特性で困らないように対処していくことです。

ちなみにこのオレンジジュースの例えは
私がこの道に進むきっかけをくれた心理士の先輩に教わりました。
当時からこういう考え方を与えてくれたことに感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です