作成者別アーカイブ: yukiyamamoto

発達障がいなのかどうか知りたい

「あの・・・、うちの子は発達障がいでしょうか?」

このような率直な質問をよく受けます。
わが子に障がいがあるのか。

不安でいっぱいで、聞きたいような、聞きたくないような。
でも、白か黒か、知りたい。
ものすごい覚悟の上での一言なのだと思います。

もちろん私は医者ではないので診断をすることはできないのですが、
こんなお話があります。オレンジジュースのお話です。

ーーーーーーーー

ここにオレンジジュースが入っているコップがあるとします。
反対側には水が入ったコップがあるとします。
2つのコップの間には、オレンジジュースに少しずつ水を足していった飲み物がいくつもあると考えてください。

オレンジジュースの中の氷が溶けた程度のちょっと薄いもの。
オレンジの味がだいぶ薄くなったもの。
オレンジ風味?のうすーいもの。
もはやオレンジ味かわからないけど何かの味がするもの。

オレンジジュース=発達障がい
水=健常

と考えると、どこまでがオレンジジュースと言えるでしょう?
どこからが水だと思いますか?

ーーーーーーーー

このように、発達障がいという障がいがあるのかないのか、白か黒かではなくて、
その特徴がない人、薄くある人、濃い人というようにグラデーションのように連続しているんです。

ある特性があまりに強すぎることによって
その人が置かれた環境で生活していくのに困難が大きすぎる場合には、
「発達障がい」と診断して適切な理解やサポートを受けやすくしていこうということなんです。

本人に”障がい”があるのではなくて、あるのは”特性”です。
特性があってもそれで困っていなければ診断をつける必要はありません。

発達障がいと診断のつく人は100人に3~4人はいると言われています。
オレンジジュースだとわかる人が、です。
「私もオレンジ風味かも?」って人なんて、それはもうたーーーーっくさんいます。

何をかくそう、わたし自身にも発達障がいの”特性”があります。

買い物に行っては買ったものを忘れて帰ってきますし、周りで楽しそうな声が聞こえると集中できずにあちこち気が散ってしまうこともしょっちゅうあります。

それでも、それぞれ自分の特性で困らないように工夫して生きていければよいのです。

だから、我が子が発達障がいなのかどうか、白か黒かに毎日気を揉んで、神経をすり減らすのはやめましょう。

大切なのは、その子にどんな特性があるのかを知ること。
そして、その特性で困らないように対処していくことです。

ちなみにこのオレンジジュースの例えは
私がこの道に進むきっかけをくれた心理士の先輩に教わりました。
当時からこういう考え方を与えてくれたことに感謝しています。

ブログを通してお伝えしていきたいこと

はじめましてニコニコ臨床心理士のゆっきです

私は発達の心配なお子さんの検査や、親御さんからの相談に乗るお仕事、それから大人の発達障がいの方からの相談に乗るお仕事をしています。

発達を促すような親子の遊びや、学習につまづきのあるお子さんへの学習サポート、必要があればお子さんが所属している園や学校へ様子を見に行って、先生方とお話しさせていただくこともあります。

「まだ言葉が出てこないけど、大丈夫かしら・・・」
「なんで他の子のようにじっとしていてくれないの・・・」
「お友達に興味がなく、ずっと一人で遊んでいるのが気になる・・・」

「もしかして、発達障がい・・・?」

クリニックや病院では、たくさんの不安でいっぱいのお母さん方と出会います。
きっと来院されるまでもものすごく悩んだのでしょう。
だって、クリニックや病院ってとても敷居が高いところですから。

「障がいがあるって言われたらどうしよう」
「療育に行くように勧められたらどうしよう」

悩んで、悩んで、でも勇気を振り絞って受診の予約を取り、
当日まで、どうしよう・・・やっぱりやめようか・・・と揺れる気持ちを抱えながら、
ようやくたどり着いたのだと思います。

長かったですね。きっと一人で悩んで辛かったでしょう。
もし、私が近所に住んでいて子育てを手伝ってあげられていたら。
ちょっと気になった時に近くですぐに話を聞いてあげられていたら。
そういう思いが募ります。

来院されなくても、周りに相談する勇気がまだなくても、
「あれ・・・?」と不安に思った時から
すぐに動きだせること、すぐに考え方を変えられることはたくさんあります。

私がブログを始めた理由は、
子育てに不安でいっぱいの日々を送っているお母さん達に
「もっと安心して子育てしてほしい!」 と思ったからです。

そんな思いをこれから少しずつ書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします虹

ごあいさつ

はじめまして、幼稚園教諭、臨床心理士の山本ゆうきです。

私はクリニックや発達支援センターで、お子さんの発達を心配している親御さんの相談にのる仕事をしています。

お子さんの成長のことで相談に行くのって、ちょっと敷居が高いですよね。

「発達が遅いといわれたらどうしよう・・・」
「もしかして発達障がいだったりして・・・」

お子さんの発達のゆっくりさについて一人で悩んだり、ネットで検索して不安に押しつぶされそうになったりしていませんか?

子どもの成長は千差万別。
みーんなそれぞれちがいます!

個人差の範囲かそれとも何か障がいがあるのか?そういうことで悩む必要はありません。

どのお子さんにとってもプラスになるのは、それぞれのお子さんの特徴に合わせたちょっと丁寧な子育てです。

難しく考えず、今できることをやっていきましょう。

不安でいっぱいの子育てをしているママ達が、安心してお子さんとの時間を楽しめるようになりますように。