頑張ってもうまくいかないのは・・
  育児本を読むからかもしれません

子育てに自信をもてないのは・・
  育児本があるからかもしれません

未来を明るく感じられないのは・・
  育児本を手放せないでいるからかも
  しれません

人の成長は十人十色。

育児本のとおりでなくても
発達が気になると言われても
障がいかもしれないと言われても

大人になって活躍している人がいます。 

大切なことは成長の道筋を作りながら
お子様の変化を楽しむことです。

その方法として育児本の手ばなし方を
お伝えさせていただきます。

 こんなことはありませんか?
 ☑ 家に5冊以上育児本がある
 ☑ 頑張っているのにうまくいかない
 ☑ 子育てのことを考えるとつらい
 ☑ 我慢できず大声で怒ってしまう
  つい手が出てしまうことがある
 ☑ 相談できる人が周りにいない
 ☑ グレーゾーンと言われどうすればいいか
  自分自身が発達障害でないかと思う
   ことがある

 

お子様の成長に関する悩みをお持ちの親御さんに

”育児本を手放すとはどういうことか”,”気楽な子育てを始めるためのシンプルな工夫とは” を全3回の動画で公開致します。
              

90.4%の親御さんが
気持ちが軽くなった,子育てが変わったと
実感されている再現性の高い方法です。


育児本を手ばなすと,子育てが
気楽になる

時代の変化とともに,子育ての考え方やあり方も変わってきています。環境の変化や医学や化学の変化によって私たちが子どもの時と比べても,子育てに対する考え方はずいぶん変わっています。時代によって変わる子育て,住んでいる環境によって違う子育て,そう思うと正しい子育てってあるのでしょうか。

でも実は育児本を読んでいると,あるいは育児本を持っていると私たちはついその本に子育てに関する正しい答えが書いてあるように思ってしまいます。そして本の通りにやってみて,その通りにできないと ついイライラしてしまったり焦ってしまったり・・・そうしてだんだん子育てがつらいものになっていくということがあります。

では育児本を読まなくてもいいということになればいかがでしょうか?きっと想像しただけで気持ちが軽くなった方もおられると思います。

そうなのです。私たちは育児本を持つことで自分で自分をだめな親だと思い込んでしまったり,自分の行動にストップをかけてしまうことがあるのです。それなら育児本はいったん手ばなして気楽な子育てをスタートさせるという方法があります。

 


子どもの時間は有限です。
今すぐ始められること、それは
育児本を手ばなすことです。

子供の時間は大人に比べて何倍も長く何倍も貴重です。どのお子さんもほんの数か月の間に目覚ましいスピードで成長していきます。

この限りのある大切な時期に,お子さんの成長を感じながら子育てを楽しむのは今しかできないことです。数か月後の成長を願う上でも就学後・就労後の自立を考える上でも本当に大切なことです。ぜひ「育児本の手ばなし方」を実践し,お子さんの成長を実感してください。

あなたは今 ”日々のことで精一杯”,”とてもじゃないけど今以上のことをするのはむり” と感じているかもしれません。でもそんなあなたにこそこの「育児本の手ばなし方」を実践していただきたいと思っています。

毎日10分の時間を作るだけで  “忙しい時にお子さんが自分のことを自分でしてくれるようになったら”,”用事がたくさんある時に何度も同じことを言わなくていいようになったら” 苦労は今よりずっと軽くなります。

 


育児本を手ばなすと不安になる
そんなあなたにお勧めです。

どうして育児本を手ばなすと気楽になるか?

育児本を手ばなすことで人と自分を比べられなくなるからです。私たちは人と自分を比べているとどうしても自分のできていないこと,相手より劣っているところに目が行きます。隣の芝は青いというように相手の素晴らしい部分にばかり気持ちが向いて自分の良さに気づきにくなってしまいます。育児本を読むということはその本を書いた先生と自分の子育てを比べるということ,自分にできていなくて本を書いた先生にはできていること,他のお子さんにはできて我が子にはできないことに気持ちが向いてしまう傾向があります。あなたにも素晴らしい部分があって,お子さんにも素敵なところがあるはずですのに,それを実感することができず,できていない部分にばかり目が向きがちになってしまいます。前に進めなくなって,本当にしたいことも見失ってしまうかもしれません。

育児本を読んでつらい思いをされているなら思い切って一旦手ばなすことをおすすめします。これからの生活に大切なことや お子様の未来に目を向けることをおすすめします。生き生きとしたお子様の成長に気づけるようになり,感動に満ちた生活が送れるようになると思います。

 

育児本を手ばなして気楽な子育てを
始める方法を公開
 お伝えしていく流れにそって10分間
の特別な時間を作ることで,気楽に
子育てできるようになります。
☑楽しい子育てを妨げている育児本の
 落とし穴とは?
本を読むと子育てが楽しめなくなる
理由・・。それは,本のようにいか
ないから。自分らしく子育てを楽し
むにはこの落とし穴に気づくことが
大切です。育児本の手ばなし方では
では気楽で楽しい子育てをするため
の5つのステップと具体的な事例を
公開していきます。
育児本では解決できなかった悩みを
解決する育児本の手ばなし方とは?
 本を読んだりセミナーで学んだこと
色々試したけれど,どれもうま
いかなかった・・・。その原因は続け
 るべき期間が分からなかったからか
もしれません。どんなにいい関わり
をされていても1日
や2日でお子様の
様子が変わることはほとんど
ありま
せん。この問題を突破する方法

て,どのくらい続けたら
いいか,
 何を基準にいい関りができていると
えば良いかもお伝えしていきます育児本がないと不安になるあなたも
気楽に
子育てで
きるようになる育児
の極意
公開!
 育児本を手ばなせないでいるのは,
本に正し
い答えが載っていると思っ
 ているからかもしれません。そんな
 あなたも子育てで一番大事な極意を
知ることで本に頼らない自由な子育
てができる
ようになります。
☑育児本を持っていなくても始められ
る育児本の手ばなし方
とは?
 育児本の手ばなし方は発達心理学の
考えをベースにした育児方法です。
発達心理学の中でも子育てにおいて
一番大事な事だけをシンプルにまと
めましたので『育児本を持っていな
い』『読んだこともないけれど大丈
夫?』と不安に思っている方も安心
して始めてください。

     

この度はご覧くださいましてありがとうございます。
これより簡単に自己紹介させて頂きます。

=====

2000年に心理学を専門に脳と心の研究を始め,心理学修士課程を修了後は精神科病院や心療内科クリニックで小児から成人の発達障がいをもつ方の診療に携わってきました。現在大学の研究室でも発達障がいに関する研究を進めさせていただいています。

また乳幼児健診,小学校特別支援クラス,特別支援学校,障害者職業センターの経験を経て,毎日通園型の発達支援センターや自宅訪問型のサポートで300人以上の発達障がいをもつお子さんやグレーゾーンのお子さんの成長を支えてきました。

とはいえ・・・,教育や保育の初心者の頃はどうすれば子供達が言うことを聞いてくれるか,どうすれば一緒に楽しく過ごせるかさえわからず毎日手探り状態でした。

ある時は泣かせたり,ある時はたたかれたり,ある時は噛まれそうになったり・・・,失敗の連続でした。

しかし幸いなことに私が勤めていた療育機関には素晴らしい保育さんがおられ,その先生から色々なことを教えてもらいました。療育の基本,大事な考え方・子供との接し方など,本当に色々なことを教えていただき,自分の姿勢,子供との向き合い方を大きく変えることができました。その先生から教わった大切なこと,今も大切にしていること,それは『言うことを聞いてもらうのではなく,何を望んでいるか,何をしている時が楽しいか,今何を頑張ろうとしているか,これらをまず知ろうとすること』『言うことを聞いてもらえるようになるのは,相手の言葉(考えていること)をしっかり受け止められるようになってから』ということでした。ただただ考えていることを教えてもらおうとするようになれたことで,私は自然と子供達と仲良くできるようになりました。どう接したら良いのだろうと迷って身動きがとれなくなることは無くなりました。

このような経験を通して子供や親御さんと関わらせていただきながら子育てについてずっと考えてきたこと,それは『どんなお子さんも必ず言うことを聞いてくれるようになる』ということです。『難しい子は一人もいない』 ということです。『むずかしいと感じるのは,大人がむずかしくさせているから』だと思っています。

表情が読めないと言われている自閉スペクトラム(ASD)のお子さんも,お父さんやお母さん,大切な人が楽しそうにしているのか悲しそうにしているのかはしっかり感じ取っています。注意集中が苦手と言われる注意欠如・多動症(ADHD)のお子さんも大好きな人の話はしっかりと聞こうとする気持ちを育むことができます。彼らには(実は私にも) 苦手なことはありますが,人とのつながりを育む大切な部分をしっかり伸ばしていくことができます。周りの大人もその大事な部分を伸ばしてあげることができると思っています。むしろ人とのつながりを育む力を伸ばしてあげることさえできれば子育ては成功なのだと思います。

子供達や親御さんのサポートを始めさせていただいてから7年が経ちますが,今までやってきた保育・教育・療育・医療的なアプローチでここをおさえておけば大丈夫という秘訣を「育児本の手ばなし方」という形でお伝えさせていただきます。


子育ては今ある問題を解決するだけでなく,成人した後の自立を見据えたかかわり,やりたいことを実現できる大人になるかかわりを考えることが大切です。長く広い視野をもって一緒に成長を見守っていけますように,ご一緒できることを楽しみにしております。

LINE@集客コンサルタント,婚活セミナー講師としてラジオ番組でさまざまな情報をお伝えしています。LINE@のコンサルティングではマンツーマンにてそれぞれのクライアントさんのビジネスに合った提案をさせていただいており,「頑張らない&楽しい集客」をモットーに活動しております。

実は私にも軽度の発達障害をもつ娘がおりまして,ゆうきさんとは娘の子育てのことについて相談させていただいたのがきっかけで「育児本の手ばなし方」という子育ての方法を一緒に発案させていただくことになりました。

お一人でも多くの,私のように育児に悩む親御さんに気楽な子育てを知っていただきたいという思いで,今回 監修 兼 ナビゲーターをつとめさせていただいております。みなさまどうぞよろしくお願い致します。

 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー
Copyright (C) 2019 Yuki Yamamoto. All Rights Reserved.